WEBで集客・販促を。アトラボのwebマーケティングの考え方。

あらゆる情報が商品やサービスの購入動機につながるのは経験値として、誰もが感じていることですが、その情報源がテレビや新聞などの紙面からインターネットへ急速に移行しているのが今、という時代ですね。

だからこそインターネット上で購入動機につながる情報を発信し、より多くの消費者を集客し、購入を促していくことが、企業のマーケティングにおいて必要不可欠になっています。

今日はその「webマーケティング」についての、アトラボの考え方を。

webマーケティングとは?

そもそもマーケティングとは、「より多くの商品・サービスを売るための活動」ですよね。

インターネット上で、「こんな商品・サービスがありますよ」「◯◯で購入できますよ」と知っていただくための情報提供(集客)、そしてユーザーに「この商品・サービスがほしい!」と思ってもらうための動機づけ(販促)、という活動のことをwebマーケティング、といいます。

要するに、webマーケティング、webサイトを中心としたオンライン上での商売を「ますます繁盛させるための活動」と言えますね。

集客のために行うこと

最初のステップとしては、当然ながら、自社のサービスサイトやランディングページ、ネットショップといった、各種webサイトにユーザーを呼び込むことですね。

商品やサービスの内容によりますが、ここでは代表的な施策を紹介します。

SEO(検索エンジン最適化)

該当する商品やサービスを購入する(かもしれない)ユーザーは、どんなキーワードでGoogle検索するでしょうか?

そのキーワードで検索されたときに、なるべく検索結果の上位に自社のwebサイトを表示させるための対策がSEO、ですね。

SNS

FacebookやInstagram、TwitterやLINEといったSNSも、webマーケティングにおける集客においてSEO同様、重要な施策と言えますね。

ユーザーとなりうるターゲット層が多いSNSにおいて、自社または自社ブランドや商品の公式アカウントを作成し、「つながり」やコミュニケーションを保ちながら、自社webサイトへの流入を増やしていきます。

SEOが、「悩み」や「疑問」を感じたユーザーが能動的に「検索する」というアクションをすることを前提にしているのに対して、SNSはユーザーの属性や関心のあるカテゴリーに応じてSNSが提案的に情報を提供する機会が多いので、webマーケティングとしては異なるアプローチが可能です。

リスティング広告

検索エンジンの検索結果画面に表示される広告枠に出稿する広告。

主にテキストの広告になりますが、ユーザーが調べているキーワードに対して出稿できる点ではSEOと同等、あるいはそれ以上の効果が見込めます。

SNS広告

前述の各種SNSに広告を掲載する方法ですね。

年齢や地域、興味関心のあるカテゴリーを細分化して出稿できるため、リスティング広告よりも効果的な場合も。

販促のために行うこと

集客施策によりwebサイトを訪れてくれたユーザーへの、商品・サービスを購入していただくための「動機づけ」にもwebマーケティングならではの対策があります。

一言でいうならwebサイトの改善、ですがアプローチとして代表的な施策をご紹介。

ユーザビリティの向上

商品ラインナップやサービス内容が単純であればいいのですが、webで購入してもらうための情報提供は時として複雑になることも多いです。

サイトマップやメニューやリンクの設置状況によっては、ユーザーを上手に誘導することができなくなってしまいます。

商品やサービスが優れていて購入を決めたユーザーの離脱は、商品やサービスだけでなく企業やブランド全体にとっても大きなマイナスになりかねないので、webマーケティングにおいて、特に重要な施策、と言えますね。

ユーザーと寄り添う姿勢を

webマーケティングという「戦略」が成熟化していくのに比例して、ユーザーが「webで商品やサービスを購入する」経験値や体験も高度化しています。

「広告っぽさダダ漏れのコンテンツ」や「ユーザーの属性に合わない表現」はすぐに離脱の原因となりかねません。

商品やサービス自体の価値や魅力以上に、ユーザーの意思決定までのフローやカスタマイズされたコンテンツとの相性が動機づけに結びつくことが増えてきています。

ユーザーと寄り添う姿勢を重視したwebサイトの改善が重要になってきている印象があります。

コンバージョンの適切な設定

集客したユーザーに適正なwebサイトにおいて、購入を動機づけることができ、いよいよ購入、あるいはお申込みをいただくための「出口戦略」もwebプロモーションにおいて重要です。

資料請求や登録、申込みであれば、その入力フォームの入力のしやすさ。

ネットショップにおいては、選べる決済方法の種類や、カートに入れてからのフローのわかりやすさも重要ですね。

オンラインで完結させたい、という考えが強すぎて、対象ユーザーには「やや酷かも」というレベルのコンバージョンを設定しているサイトも散見されるので、丁寧な施策が求められるポイントとも言えますね。

まとめ:ユーザーファーストなwebマーケティング

なんだか難しそう…と思われたweb担当者の方、ご安心ください。

アトラボでは通常のホームページリニューアルや新規制作においても、このようなwebマーケティングの考え方に基づき、制作を行っております。

逆にwebマーケティングのご依頼があっても、なるべく専門用語を用いず、企業の考え方や段階に応じたご提案を心がけています。

「webで売りたい!だけど、どうしたら…」

という方、お気軽にご相談いただければ、わかりやすくご説明させていただきます〜!

多様化するインターネット環境のなかでのプロモーション・ブランディングはあらゆる業界で競争が激化しています。(改行)千葉県のホームページ制作会社・株式会社アトラボでは、制作・管理業務において培ってきた豊富な経験とWEBの最新動向を丁寧に読み取り、アクセス解析からWEBにおける「次の一手」をご提案するWEBコンサルティング...
千葉でホームページ制作が55,000円から!わかりやすい料金体系。維持費・管理費0円も対応可能。実績掲載220件突破!千葉県内なら初回訪問・見積無料!スマホやタブレットでも見やすく更新しやすいWEBサイトの新規制作・リニューアル承ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする