企業のWEB担当者なら知っておきたいWEB広告の種類。

自社のホームページを見てもらいたい!

社長さんはもちろん、WEB担当者なら、さらにはどちらでもない社員さんでも、顧客はもちろん、見込み客に、そして求職者に、見てもらいたいはず。

予算を投下してリニューアルしたホームページならさらに!です。

そのための手段の一つとして、改めてWEB広告についてまとめてみました。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果や自社サイトではないポータルサイトなどに掲載できる広告のことです。

出稿の設定をして表示されたものをクリックされたときに課金される仕組みですね。

1クリックあたりの単価は数十円から、とコスト面では比較的小規模から始められるのも魅力と言えます。

検索連動型広告

主にGoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンの検索結果上位に表示される広告。

検索キーワードに応じて、親和性の高いと判断された広告が入札方式で掲載されるので、すでに「何かを探している」層にクリックしてもらえる可能性が高い広告と言えます。

ディスプレイ広告

ポータルサイトやブログなど広告枠が設置されているWEBサイトって数多く存在しますよね。

その広告枠に、テキストやバナーが掲載される広告がディスプレイ広告。

ユーザーは検索をしているわけではありませんが日頃のWEB上の動き(検索の嗜好や各種属性)からAIが広告を反映させます。

なので、マタニティ商品を日頃検索している人にベビーチェアの広告、といった潜在的なニーズに訴求しやすい広告と言えます。

Youtube広告

世界中で視聴されている動画サイト・Youtube。

日本でも閲覧する人も収益化を目指してYoutuberになる人も増え続けていますね〜。

動画の趣味や嗜好、アカウントの属性から表示されるのがYoutube広告です。

動画の最初に6秒程度の動画広告が表示されるバンパー広告や動画の途中で流れるインストリーム広告、動画画面の下部にバナー表示されるオーバーレイ広告、等があります。

SNS広告

書いてそのままですが、FacebookやTwitter、InstagramといったSNSに表示される広告ですね。

それぞれのSNSに特徴がありますし、ユーザーにも一定の「棲み分け感」あるので、見せたい顧客像に合わせて選択するのが吉、ですね。

Facebook広告

SNS広告としては最もポピュラーなのがFacebookでの広告ですね。

実名制登録が前提のFacebookだけに、ビジネス用途や目的で使われているユーザーも多いので、BtoBな商品やサービスの広告には親和性が高いのではないでしょうか。

Facebook上で「いいね!」や貼られたリンクや動画の閲覧、もちろん広告をクリックするユーザーのアクションを胴元であるFacebookが学習していきます。

なので、それに応じて「同じようなアクションを取りそうなアカウント」に広告がアプローチしていくところが強み、ですね。

Instagram広告

Facebookと同じMetaが運営するのがInstagram、ですね。

画像をpostする形式が年齢や性別を問わず利用者が多い理由の一つではないでしょうか?

Facebook広告の仕組みを上手に利用しているのと、画像上からネットショップへ誘導できるなど広告手法も多様化してきています。

Twitter広告

Twitterのタイムラインやフォロワー獲得のために出稿できるのがTwitter広告。

こちらもSNSの特徴をいかしアカウントのアクションに対して広告を表示できるので効率のよいWEB広告と言えます。

集中的に広告を投下することで「トレンド」としてバズらせる広告手法も増えてますね。

TikTok広告

こちらは10代・20代女性に特に人気のSNSですね。

特にスマホに最適化されたSNS、と捉えればWEB広告としての効果は急上昇していくことが予想されます。

もちろん対象となる商品やサービスはターゲットに適したもの、というところがやや限定的な印象はありますが、今後拡げていくことが予想されますね。

アフィリエイト広告

提携するWEBサイトやブログにおいて、自社商品を宣伝するようなコンテンツ(商品紹介やバナー)をアップしてもらって、実際の購入に対して成果報酬を支払う広告、ですね。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる広告会社に商品やサービスを登録して、仲介してもらうケースが一般化してますね。

アクセス数や閲覧数、ではなく実際に取引されることに報酬を払う、という意味では無駄が少ないかもしれません。

まとめ:「見てもらう・知ってもらう」はWEBでも大事

存在を知ってもらえばければ購入や来店には至りません。

そういう意味ではWEB広告は検索結果上位を目指すSEO対策とともにWEB集客の両輪とも言えますね。

もちろん集客したうえで成約率の高いホームページ・ネットショップでなければ広告費用の無駄遣いとなってしまうので、アトラボでは母艦となるホームページやネットショップのブラッシュアップとWEB広告やSEO対策まで一貫したWEB戦略のお手伝いをさせていただいております。

WEB集客でお困りであれば、問題解決のご相談承ります。

お気軽にご相談くださいませ〜。

千葉でホームページ制作が55,000円から!わかりやすい料金体系。維持費・管理費0円も対応可能。実績掲載220件突破!千葉県内なら初回訪問・見積無料!スマホやタブレットでも見やすく更新しやすいWEBサイトの新規制作・リニューアル承ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする