すごい技術力をわかりやすく適正に!製造業のホームページ制作

金属加工やプラスチック成形といった、様々な機械設備に囲まれながら緻密な作業を重ねる製造業は、まさに日本経済を支える熟練の技の結晶のような業種ですよねー。

取引先は世界的な大企業、けれどその間にいくつかの商社が入っていたり、「すごいモノを作っているのに」という製造業者様は千葉県内には無数に存在するのではないでしょうか?

そんな製造業者様のホームページ制作のポイントをご紹介。

「こんなモノ作れます!」をどのように伝えるのか?

取引先に対する守秘義務、という意味で、製造業はあらゆる特許に関わる技術がからんでみたり、実際の製作物の画像一枚載せるのも、なかなか難しいこともあると思います。

そのなかで「こんなモノ作れます!」をいかに表現するか?というのは非常に難しいところですね。。

所有する精密加工機器の品番や作業の様子、取扱品目など掲載可能な情報のなかから「見て欲しい人が求めているスペック」をいかにわかりやすく伝えるか?このあたりが製造業者様の工場の事務所でホームページ制作の打ち合わせを重ねる際の「キモの部分」な気がします。

数字や情報の粒度の表現が難しいところ…

1つの製造業者様においても「この素材の場合の施工精度は…」というような話を聞かせていただくことがあります。

数字は訴求力の強い要素なので、ホームページ制作会社としましては是非キャッチフレーズやわかりやすい表現として掲載したいところ。

ですが、それは素材が違えばさらに精度が上下したり、パーツによっては「謳い文句にならない」となってしまったりと、勘違いをさせてしまう可能性を孕んでいます。

ターゲットとなる企業像やユーザーを想定しながら情報の精度や粒度にも気をつけたいところですね。

若者にも、わかりやすく伝えることで関心を

町工場、と言われるような製造業者様においては「若手育成」「継続的な雇用」という採用に関するニーズからホームページ制作を検討される企業様も大変多いです。

小さな部品に大きな手間をかけて仕上げる職人の想い、このあたりをいかに若者にも伝えられるように表現するのかも重要です。

若者が入社しやすい環境整備の一環としてホームページ制作を依頼される企業様も多いので、この要望にも応えていくことが必須と言えますね!

まとめ:B to Bな業種だからこそ、情報をわかりやすく伝える工夫を

生み出すものは「カタチのあるもの」なのにそれを全面に押し出せない歯がゆさみたいなものが製造業者様のホームページ制作の場合には実感としてあります。

だからこそ、それぞれの目的のためのユーザーに対して、「どんな情報の表現が適正か」をホームページ制作会社として正しく理解することが重要と捉えています。

アトラボでは、もちろん製造業のホームページ制作実例もございます。

株式会社アトラボは、千葉県東金市のホームページ制作会社として製造業の企業様のホームページも多数制作実績がございます。製造業の企業様でホームページの新規制作・リニューアルをご検討中なら、ぜひ千葉・ホームページ制作のアトラボへ。

ホームページの新規制作やリニューアルをお考えの製造業のご担当者様は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

千葉ホームページ制作のアトラボ。SEO対策に配慮したスマホ対応のホームページで、集客できるWEB対策をご提案。WordPressを導入・カスタマイズし、更新しやすいホームページを作成します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ