嬉しかった一言。制作後クライアントからいただいた「おことば」-2020秋

アトラボのホームページ制作は公開した後もクライアントとのお付き合いを続けさせていただけることがほとんどです。

ですのでリニューアルや、他の印刷物などのお打ち合わせで伺った際に、あるいは「ちょっと気になること」をメールやメッセージで送っていただく、その一言のなかに…

ハードな日常を、一瞬にしてお花畑に!

というくらい、インパクトを与えてくれるような嬉しい一言をいただくことがあります。

今日は、つい最近いただいた、クライアントからの「ありがたい」お言葉まとめてみました!

予約申し込みが前年度比で20%くらい増えたよ!

これは2倍とか3倍とか、って大きな数字だと「元々が…」という話になるので、そうでもないんです。

ネットでいろんな対策を打っているクライアントさま、だからこそ「20%」くらい、というのが結構大変な上昇率だったというお話でしたねー。

結構数字に厳しめなクライアント様だったので、成果を出せた!という意味で長く悩まされた日々が報われた!と感じさせていただいた瞬間でした。

この問い合わせ、ホントに◯◯かな?

とある超有名企業様からホームページ経由でお問い合わせをいただいた!というクライアントからのメールが届きました。

「えっ、本物?」というくらいの規模の企業だったので「スパム?」と思われたようです。。

インターネットは世界中とつながっている、その価値を改めて感じた瞬間であり、そのようなマッチングの場を提供させていただいているんだなぁーと興奮させていただきました!

取引先に「ホームページすごい予算かけてますね!」と褒められたんですよー

クライアントの取引先企業が弊社が作成したホームページを褒めてくださる、というお話はありがたいことによくいただきます!

「◯◯万円くらいかけたんですか?」と相談された金額が実際の予算の2〜3倍だったそうで、羨ましがられた、というお話でした。こちらも5倍〜10倍のお話だと「そもそもその方の予算感…」となるので、アレですけれど。

そのようなお話をしてくださるクライアントは実際に受注も増えている、というそうで、ヒアリングを重ねてホームページを制作させていただいた担当者として嬉しい一言でしたねー!

まとめ:ホームページの公開から、本当のお付き合いが始まります

ホームページも企業の成長や社会の変化に応じてどんどん進化すべきもの、と考えています。だからこそクライアントからのお褒めのお言葉は大変ありがたいですが、そんなお言葉をたくさんいただけるように、幅広い知識を吸収し続ける体制がホームページ制作会社として求められているのだと思います。

今週もすでに数件「今までにないご相談」をいただいているので、リサーチや検討を重ねながら最善のご提案をしていければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ