iPhone XからiPhone 12 Proに機種変更しました!の感想

1年や2年じゃ大きな機能の差もないし…ということで、3年ぶりにiPhoneの機種変更を行いました。
3年使い続けて最近バッテリーの持ちも怪しくなってきたiPhone XからiPhone 12 Proに機種変更しましたのでさっそく、超個人的な感想を。。

ドコモから発売日当日に宅配でやってきた!

機種変更のときってキャリアのショップで整理券待って、ようやくゲット!ということを繰り返してきた者にとって、今回のドコモは「宅配一択」とのことだったので、初の試み。

ダンボールの箱に大きく赤い字で「docomo Onlineshop」って書いてあれば「中身がなにか丸わかり」状態ですよね。

届けてくれた郵便局のお兄さんも「今日発売の、ですよね!いいなー」と言ってくださいながら持ってきてくれたそう…。

背面と側面バンパーのギャップがすごい

選んだのは「iPhone 12 Pro 128GB シルバー」です。

それほど動画も見ないし撮らないほうで、iPhone歴6年でもiCloudの中身が50GBいかないぐらいしか使っていないので、このあたりのスペックで充分かと。

iPhone 4とかiPhone 5sくらいまでに似た感じのスクエアな印象の筐体は、「1枚の板」という感じが強いです。

マットな背面のガラスのオフホワイトの感じにギラギラ光沢がすごいステンレススチールの側面バンパーがギャップがすごい…3つ目のカメラレンズに負けてないです。。

iPhone Xと比べてどうなの?

iPhone Xはディスプレイが5.8インチ、iPhone 12 Proはちょっと大きい6.1インチ。

手にとった感じの重さとかあんまり感覚的に違いを感じないです。

ちょっとだけ「長い」のでディスプレイに並ぶアイコン、一番下の行とその上の行にちょっとゆとりがある感じです。

側面が曲面からほぼ直角な感じなので、そのあたりがまだ手に慣れないです。。

機種変更、だいぶ気軽にできるようになってますね

iPhone同士の機種変更、はファミリーのも含め何度かやっていますが、Apple IDはじめ、LINEとかGoogleとか各種アカウントのパスワードさえ忘れていなければ、だいぶスムーズにできるんですね、たしかにこれはドコモショップの窓口を待つ理由はない感じでした。

まとめ:ところでなぜ「iPhone 12 (無印)」でないのか?

画面サイズも同じですし、カメラもレンズ3つ使いこなせる自信はあまりないのですが、「どうせなら」と思ったのは、この側面の「ステンレススチール」の感じと、「3つのレンズ=Pro」という定義され始めたところへの憧れ、が大きいと思います。

仕事の相棒、道具として捉えるならやっぱり「デキる感じ」大事にしたいですからね〜。

週末いろいろ設定しながら使い倒してみましたが、なかなかいい感じですよ!

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone SE。世界で最もパワフルなパーソナルデバイス、iPhoneの魅力のすべてを紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする