ホームページ制作をWindowsで始めるなら!こだわっておきたいノートパソコンのスペック。

pc
パソコンを選ぶのって難しいですよね。

自宅で家族の写真や動画を管理して、年に1回年賀状づくりをすればいいだけの家庭用パソコンから、Word・Excelメインの事務をこなせればいい業務用パソコン。営業担当ならモバイル性やプレゼンしやすさが問われるでしょうし、スマートフォンやタブレットの登場で、それぞれの「棲み分け」も使い方によって異なってくるため、「ベストチョイス」に巡り合える方ってホント小数なんじゃないかと。

もちろん「ホームページ制作」にも適したスペックってあると思うんですよねぇ。
今回Windowsにて制作用のノートパソコンを購入しようと決意したので、そのフローをまとめてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




今回のパソコン購入の目的

さて、ホームページ制作用のノートパソコンって、どんなところが他と異なるんでしょうか?
もちろんノマドな環境でWEBサイトをガシガシ作る方もいると思いますが、今回はオフィスやアトリエにてじっくり制作に勤しむ感じ。

ホームページ等を作るために必要なソフト

PhotoshopやIllustratorなどAdobeのソフトなどを動かすことが大前提となりますので、それに見合うスペックが必要になります。
もちろんサクサク動かなければ、ストレスがたまっていいことありませんし。

ブラウザを見ながらコーディングなど

地道な作業の積み重ねであるホームページ制作においては、元原稿を見ながらコードを書きつつ、仕上がりをブラウザで確認・・・という作業の繰り返し。ですので、画面は大きければ大きい方がいいですよね。

携帯性はまったく必要ない

じゃあなんでデスクトップにしないの?って声が返ってきそうですが、停電のときが嫌なんです。UPS(無停電電源装置)つければ?って話なんでしょうけど、日常的に携帯性はまったく必要なくてもいざと言うとき持ち出せるってのがノートパソコンの永遠の魅力かと思ってます。

なんで、あえてのノートパソコン。だけど、全然軽くなくてよし!かっこいいのがいいけど。

今回のパソコン購入の制約

束縛されるのは嫌いじゃないタイプ、って言うかスペックを高望みすれば値段も天井がない世界なんで、下記の条件を設定。

  • 諸事情によりWindows
  • あえてのノートパソコン
  • 予算は10万円以内
  • Microsoft Officeは外しました

うーん、厳しい。っていうか逆説的にMacでは無理!な価格帯かも。

ホームページ制作用パソコンでチェックしたスペック

メモリは最低8GB。しかも増設可希望

「Adobeのソフトを複数同時に動かす」「同時にブラウザなんかも立ち上げちゃう」っていう状態を想定しますと、まず気になるのが「メモリ」です。

メモリの容量(記憶量)がたくさんあればあるほど、パソコンはたくさんのソフトをまとめて動かしたり、大容量のソフトを速く安定して動かしやすくなります。

Windows7とかWindows8.xなら4GBも結構出ていますけど、家電量販店の国内メーカーなのに「激安!」謳っているパソコンだといまだに2GB(増設不可)とかあるもんな・・・。これはアウトってことで。

やっぱりCPUはこだわりたい

Intel Core i7は当然として、できればHaswellで!

CPU とは「セントラル・プロセッシング・ユニット」の略で「中央処理装置」という意味です。
パソコンの中心となり、パソコン全体の処理・計算を行う、まさに「頭脳」と言える部分です。
ですからこのパーツの良し悪しが、パソコンの性能に直結すると言っても過言ではありません。
それほど重要なパーツです。

CPU が良いものであるほど、そのコンピュータは複雑で多くの処理を、速く安定して行える訳ですね。

メモリはスロットがあれば増やせますし、HDDも外付けがあります。
だけどCPUばかりは、自動車でいうところのエンジンみたいなものですからねー。
本当はクアッドコアいきたいですけど、予算的にはまず無理。。。

後は、それほどこだわらない(笑)

もちろんHDDもVGAも高性能であればいいですけど、動画やゲームを扱うわけではないので。HDDは500GBもあれば今のところ充分かと。

キーボードの打ちやすさやバッテリーの持ち時間なんかも重視すべきなんでしょうけど、贅沢は言わない(笑)。

画面も大きなものがいいですけど、その分価格も上がるんだったら、デュアルディスプレイの考えでイイのかなーと思ってます。

・・・という訳で今検討中のパソコンはコチラの2台!

ブログ、サクサクッって書いてきましたが、このアマゾンのリンク貼ってから、急に迷い始めたww。もう少し探してみようと思います。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ