4月からのWEB戦略は?ホームページリニューアルする際の制作会社の選び方。

朝起きて、庭に勢いよく咲いているユキヤナギに目を覚まされました。

春ですね〜。

今年度を締める終盤ながら、新年度に向けて準備もしなくては。

ホームページのリニューアルをご検討されている方に、制作会社選びのポイントをまとめてみました。

ホームページ制作会社のホームページをチェックする

ホームページ制作会社を検討されるのであれば、そのホームページ制作会社のホームページを改めてチェックしましょう。

…各会社のホームページ、トップページだけ見比べて「雰囲気」が合いそう、で選んではいけません

もちろん依頼したいレベルのクオリティを満たせそうかどうかのチェックが最重要課題だとは思いますが、下層のページの作り込みや制作会社の姿勢、実績、価格帯などもよく比較検討してみましょう。

ホームページ制作会社のデザイン性や技術力、知識量

ホームページ制作会社によっては、ものすごくデザイン性の高いところもあります。

あるいはSEO対策を謳っているけれどデザイン的には…というところも。

それぞれの強みや個性、特徴があって当然なのですが、依頼後に気づいてからでは遅い…となってしまいます。

それまでの制作実例やブログやコラム、さらにはSNSの更新などをチェックして技術力や知識量についても見比べてみてください。

コミュニケーション能力

いよいよいくつかの制作会社に絞り込めたら問い合わせをして提案を受けることになるかと思います。

メールフォームや電話などからの問い合わせが多いと思いますが、その際の意思疎通のしやすさ、スムーズさは要チェックポイントですよね。

依頼内容に対して、何でも「はいはい」というスタンスは頼りなさを感じますし、逆にうまく意図を吸い上げてくれないようでは、この先が心配になります。

またレスポンスが悪いのも結果としてコストとして跳ね返ってきますので提案時のやり取りを通じてチェックが必要だと思います。

公開後の対応力・サポート力は大丈夫?

ホームページは制作してリニューアルして終わり、ではありません。

公開後に修正の必要性が発生したり、保守管理を継続していくことも重要です。

自社にホームページに関する知識が豊富なスタッフがいればいいですが、多くの場合には社内人員だけでの保守管理は難しいと思います。

ホームページ制作を行った会社がそのまま保守管理や広告運用、SNS周りのサポートまでできるのが一番理想的なので、制作前の提案の時点で、公開後のサポートについても合わせて相談し、その姿勢を比較しておく必要があるでしょう。

まとめ:しっかり選ぶなら、早めに動いて見比べるべき

業者選定、というのは企業・団体において、ホームページ制作に関わらず日常的に行われていることと思います。

が、ホームページ、という成果物の特異性から、業者選定においてもじっくりと時間をかけて、その特徴を比較することでスムーズなホームページリニューアルが実現できるはず。

4月に向けてホームページ制作会社を探している…という方、アトラボへぜひお気軽にご相談くださいませ!

千葉でホームページ制作が55,000円から!わかりやすい料金体系。維持費・管理費0円も対応可能。実績掲載220件突破!千葉県内なら初回訪問・見積無料!スマホやタブレットでも見やすく更新しやすいWEBサイトの新規制作・リニューアル承ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする