動画をホームページに埋め込むメリット

このモデルさん、知り合いの何人かを足した感じに似てるなー、めっちゃ楽しそうだけど。

ホームページ制作を生業にしている弊社も年々動画制作のご依頼が増えてきております。

あるいはコロナ禍により開催できないイベントをオンライン開催、として、YouTube動画を一覧にしたサイトとして、という案件などなど。

秋晴れで動画撮影日和!という青空なので、今日はホームページに動画を埋め込むメリットについて。

大きな動画を流すことで、インパクトと自己紹介をわかりやすく

トップページのファーストビュー、つまり検索結果やSNSからホームページに流入した際に一番初めのところで動画が流れ出す。

こんな演出のホームページは、結構インパクトがありますし、文字や画像よりも動きがあってユーザーの興味をひきますよね。

さらに「どんな業種か」「どんなサービスを提供するか」「満足度が高い印象」などを与えることができるので、単一の事業を展開する企業様や、求人特設サイトなどでよく使われる手法と言えます。

YouTube動画はGoogle検索でも効果があがっている

日常的にスマートフォンでYouTubeを閲覧される方、年々増えていると思います。

この傾向が強い方は、スマートフォンで動画を見ることが主体になっているので検索したいキーワードもYouTubeアプリの検索枠に入力するのではないでしょうか?

さらにこの属性ならGoogle検索アプリを開いても関連する動画の検索結果が優先的に表示されるので、結果として

YouTube→ホームページ

の流入が多い傾向の方が増えていく、という構図になると思います。

フォロワーの多いYouTubeチャンネル、アクセスアップに効果あり、ですね。

まとめ:いずれの場合も詰め込みすぎに注意

最近もインタビュー動画や施設の紹介動画などの制作に携わっていますが「尺の長さ」は、見る側と撮影される側で意識の差が大きい傾向にあります。

動画を見慣れている方は「見続ける価値があるか?」を常に意識しながらスマートフォンを手に持っています。

それに対して撮影される側は「結論や見せどころは最後に…」と思いがち、なので、このあたりは再生する場所(ホームページのトップなのか・YouTubeなのか・展示会会場なのか)に応じて、ユーザーを想定して、ベストな構成を目指しましょう。

アトラボでは、ホームページと合わせて動画制作を、というお客様も柔軟に対応させていただきます!

株式会社アトラボはオリジナルデザインで企業様の集客力を高めるホームページ制作会社。千葉市中央区と東金市の2拠点体制で千葉県内の中小企業様・個人事業主様のホームページ新規制作・リニューアルを承ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする