自作で安く、の何がダメ?プロのホームページ制作はココが違う!

無料のホームページサービスやWordPressのテーマで自作するホームページについては、先日問題点を書かせてもらいました。

ただ制作に関する技術面は自社でカバーできるし、WEB担当者もいるので自作で作っちゃダメ?という声も聞こえてきそうです。

今日は弊社も含め「ホームページ制作会社に依頼した場合」のメリットについて考えてみたいと思います。

客観的かつユーザー視点の分析が制作のベースに

その業種に関しては、ホームページ制作会社のスタッフさんはほとんどの場合「素人」です。

業界標準な専門用語や商品のブランドの優劣、会社間の内部事情についてはトンと把握していないケースがほとんど。

けれども、それだけに先入観のない客観的なスタンスで、商品の魅力やサービスの質の素晴らしさ、あるいはできればユーザーに伝えることがデメリットとなる表現、がユーザーに近い視点で把握できます。

これが自社で、中の人が、となると…「こんな長い文章、誰も読まないでしょ?(みんな知っていることでしょ?)」みたいなニュアンスになって、ユーザーが見たときにわかりにくいWEBサイトになりかねません。

広報担当や宣伝部門が存在せず、社長さんの営業力が強み、という会社が自作したホームページに多い傾向、かもしれませんね。

検索エンジンの仕組みを理解して構築する

デザインがキレイだったり、文章力がたくさんあれば、キーワード検索の検索結果の上位に表示されるわけではありません。

ましてや、毎日ホームページを何度も表示させたり、検索結果をめくってクリックしても、検索結果の順位には何も影響を与えません。

GoogleやBing、Yahooといった検索エンジンは、そのキーワードで検索するユーザーにとって「このWEBサイトは有益か?」という点において、どんどん精度を上げてきています。

そんな検索エンジンへの最適化は、「ホームページ制作のプロ」と言っていてもデザインが強い会社ではおろそかに…ということもあるので、ましてや自社のホームページだけを、という担当者さんには、厳しいかもしれませんが、ちょっと荷が重いのではないでしょうか?

アウトソーシングのメリットやスケジュールの正確性

多くのWEB担当者さんは、広報や総務の業務の合間にホームページ制作について検討したり、作業をしたり、というのが実情ではないでしょうか?

なので「合間で」という指示を受けているホームページ制作が、他の業務と時期が重なっていると、複雑極まりないデザインやコーディングの作業を普段WordやExcelを開くことが多いパソコン上で行うことは、ついつい後回しにしがち、ってこと多くないでしょうか?

その点アウトソーシングであれば、契約に則ってスケジュールも正確に遂行してくれるでしょう、プロである以上。

時折「依頼したけど1年経っても出来上がらない…」なんてホームページ制作会社さんの話を聞くこともありますけどね…そんなのプロとは言えないと思いますけど。。その後アトラボに再依頼をしてくれたクライアントも何件かありますけど、「これが本来なんですね」とお喜びいただいています。

まとめ:しっかり約束を守れるホームページ制作会社へ依頼しましょう!

社長に頼まれて「自分でやってみよう!」という担当者さんは結構多いと思いますが、そんな責任感の強い担当者さんだからこそ、実際なかなかに難しいし、デメリットの方が多いです。

なぜそう思うかというと、私自身ホームページ制作とは全然関係ない会社の営業マンをしていたときに「ちゃんと頼めそうなホームページ会社があれば、こんな苦労はしないのに…」と痛感した経験があるからです。

その経験が実は起業の理由の一つだったりして。。

千葉県内の企業様で、ホームページ制作の担当を命じられた方、アトラボのホームページ一度チェックしてみてください!

株式会社アトラボはオリジナルデザインで企業様の集客力を高めるホームページ制作会社。千葉市中央区と東金市の2拠点体制で千葉県内の中小企業様・個人事業主様のホームページ新規制作・リニューアルを承ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする