ホームページを更新しない管理者の、本当の理由

HTMLの知識もないのにホームページを更新するのは、確かに苦痛かもしれません。
けれど、それだけが「更新しない理由」なんでしょうか?

中小企業のホームページはどうして廃れてしまうのか?」で書いたようにターゲットとなる顧客層を十分絞り込めない事が、Webサイト管理上の悪循環を引き起こす可能性が高い、ということを書きましたが、そうであっても「挽回」しやすいのもWebの魅力のひとつですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ターゲット層を補正するのはWebに限らない

もちろん私も制作スケジュールの大半を費やして、その企業やお店の「ターゲット層」に関するお打ち合わせを重ねても、クライアント様と共に「ズレて」しまうことがあります。
季節ごとに売れ行きが異なるようにターゲットとなる層を日々補正することは、特にWebに限った事ではなく、ビジネスである以上「狙い」は常に軌道修正していくべきですよね。

ホームページの構成で言うなら「お知らせ」の欄を設けたり、トップ画像は切り替えを前提に周辺のデザインを決めたりと、アトラボのホームページ制作においても、「更新前提」で制作するのが当然、と考えています。

5年前の雑誌を読んで服を買う人はいない

情報を伝える、という意味において「鮮度」は重要です。
パソコンでいろいろ調べる属性のお客様なら、デザインが古いだけで、そのサイトに掲載されている「企業」「商品」を疑うことだってあり得ます。
Amazonや楽天の商品情報が「1年前」ということは絶対あり得ない、と知っているからこそコンビニでお弁当を買うように、ワンクリックで買うという意思表示ができるわけです。

価格を毎日いじる必要はありませんが、同じページに「最近更新した」とわかる日付があるだけでも、お客様の背中を随分押してくれているのではないでしょうか?

「えっ知らないの?」をなくすための情報発信

ページを更新するにあたって予算も時間も知識もないから、更新できないまま・・・というクライアント様をよく見かけます。
ならばブログやTwitter、facebookなどのWebサービスを連動させるだけでも、前述のような「更新している安心感」を与えることができますし、情報発信という意味では、充分な場合も多々あると思います。

ではなぜ更新しないのか?
結局のところ、管理者あるいは経営者の「欲しい情報があるのならアクションがあるはずだ」という怠慢なんだと思います。
「ホームページに掲載されていない最新の情報を知りたいのなら、聞いてくるはず」という考え方。
・・・確かに一昔前の企業やお店の情報を「紹介する」だけのホームページなら、お客様の反響はそうだったかもしれません。

けれどAmazonや楽天で商品を購入する層は、ネットのなかで「決断」を下したいんです。
前回書いたように「実際に来店したお客様の感想や評価」などを掲載するのと同じように、今何を売っているのか?どのようにサービスを提供するのかを知ってから、アクションを起こしたいんです。

そういう層がホームページのお知らせ欄を見て「最新の日付」が一年以上も前だったら・・・。
私もそうですが、間違いなく「他にないのかな・・・」とそのホームページから離れていくでしょう。

ホームページはデザインなどの見栄えよりも、その更新頻度によって「その企業・お店の姿勢が見えてしまう」と言って過言ではないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ