最大200万円補助も!小規模事業者持続化補助金<一般型>が3/29(火)から受付スタート!

連休明けに小規模事業者持続化補助金の公募要領が公開されましたね!

今回は一般型、ということで各地域の商工会・商工会議所と一緒に〜ですね。

来週3月29日(火)から受付開始!とのことですので締切前の混雑する前にチェックしておきましょう〜

正式名称は「令和元年度補正予算・令和3年度補正予算「小規模事業者持続化補助金<一般型>」」

令和元年度補正予算・令和3年度補正予算「小規模事業者持続化補助金<一般型>」の公募を開始しました

令和元年度補正予算・令和3年度補正予算「小規模事業者持続化補助金<一般型>」は、小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更に対応するため、自ら作成した経営計画に基づく販路開拓等の取組を支援するものです。

(中小企業庁より)

対象は、一定の要件に該当する法人、個人事業、特定非営利活動法人が対象です。

補助対象となる経費としては、下記になります。

  1. 機械装置等費
  2. 広報費
  3. ウェブサイト関連費
  4. 展示会等出展費
  5. 旅費
  6. 開発費
  7. 資料購入費
  8. 雑役務費
  9. 借料
  10. 設備処分費
  11. 店舗改装費

なんですが注釈の欄にえーっ!?って記述がありました。

※ウェブサイト関連費は、補助金交付申請額の1/4を上限とします。またウェブサイト関連費のみによる申請はできません。
※設備処分費は、補助金交付申請額の1/2を上限とします。

…そ、そうですか。。ホームページ制作を補助金で、という方はこちらが注意ポイントですね。。

今回は通常50万円が最大200万円の特別枠も新設!

対象や基本的な考え方は今までの小規模事業者持続化補助金と一緒ですが、今回の特徴は新設された「特別枠」ですね。

追加申請要件があったりもしますが、最大200万円まで補助されるのは、実に興味深い!ですよね〜。

賃金引上げ枠

販路開拓の取り組みに加え、事業場内最低賃金が地域別最低賃金より+30円以上である小規模事業者。
※赤字事業者は、補助率 3/4に引上げるとともに加点を実施。

卒業枠

販路開拓の取り組みに加え、雇用を増やし小規模事業者の従業 員数を超えて事業規模を拡大する小規模事業者

後継者支援枠

販路開拓の取り組みに加え、アトツギ甲子園においてファイナリストに選ばれた小規模事業者

卒業枠

産業競争力強化法に基づく「特定創業支援等事業の支援」を受け、販路開拓に取り組む創業した小規模事業者

インボイス枠

免税事業者であった事業者が、新たにインボイス発行事業者として登録し、販路開拓に取り組む小規模事業者

数年に渡って続いている補助金の傾向として「新しい枠組み」が追加された時はその1回目が狙い目、なので該当しそうな方は早めの有効活用検討がオススメです♪

詳細は商工会・商工会議所のホームページに!

詳しくは各商工会・各商工会議所の指導員さんにぜひ聞いてみてくださいね〜

小規模事業者持続化補助金は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取り組みや、業務効率化の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする