アトラボもネットショップ導入ならお手伝いできます!IT導入補助金の交付申請が11月2日まで〜

コロナ禍において、さまざまな助成金・補助金がありますが、元々の補助金のなかでも本日ご紹介の「IT導入補助金」は例年5月ぐらい申請スタートのはずが、3月に前倒しでスタートした珍しい補助金。

申請についてペーパーレス化・IT化が進んでいる補助金だったからこそ、の対応力だったと思います。が予定されていた枠としましては、通常枠・特別枠ともに申請締切が11月2日(月)ということなので、検討されている方のためにご紹介!

IT導入補助金とは?

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

令和元年度補正予算「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」のポータルサイトです。本事業は、ITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

システムやソフトウェアを導入することで、営業経費の削減や固定費の削減、あるいは生産性の向上が見込める「ITツール」に対しての補助金ですねー。

以前は「ホームページ制作」も対象でしたが、昨年度からコーポレートサイトなど「機能」を持ち合わせないものは対象外となっております。

通常枠と特別枠って?

令和元年度補正予算「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」について簡単に説明しています。
IT導入補助金の「特別枠(C類型)」の事業目的、補助対象者、補助対象費目、補助上限・下限、補助率などの事業概要を掲載しています。

すごーくざっくりいいますと、通常枠は原則1/2を上限とする補助率で、最大450万円まで補助。

それに対して特別枠はコロナ対策的な内容が含まれていれば、補助率は最大3/4まで拡充、最大450万円まで補助。PC・タブレットなどハードウェアのレンタルまで対象になります。

リモートワークのためのPC・タブレットをレンタル、なんて補助金活用も多かったようです!

申請は登録されているIT事業者とともに

中小企業・小規模事業者のみなさまに代わり申請等を行う者として、事務局に申請し登録された者を「IT導入支援事業者」と呼びます。地域、対応業種などの検索条件からIT導入支援事業者を検索できます。PDFの一覧でも確認できます。

他の補助金と違うのは、ソフトウェアなど販売する商品などを事前に登録しているITベンダーなどの登録事業者と一緒に申請することですね。

ソフトウェアの営業さんが「こちらの商品ならIT導入補助金使えますよー」と営業的なアプローチとして使い、導入を決めるケースが多い気がしています。

ちなみにアトラボも「ネットショップ制作」などのITツールで登録はしています。

コロナ禍で外出自粛が叫ばれていた頃は結構ご要望としていただきましたが、今年はIT導入補助金より小規模事業者持続化補助金で、という企業様が多かったですね。。

まとめ:100万円以上のITツールを導入検討ならIT導入補助金を

先週こちらでもご紹介した、小規模事業者持続化補助金でも100万円までであれば対象、補助率も通常2/3ですからね。。

ただそれ以上の規模であったり、商品数が多い、ネットショップをリニューアルしたい、という場合にはIT導入補助金がオススメになるケースも。

補助金使えるケースかどうかも含め、ネットショップ制作もお気軽にご相談くださいませ〜。

千葉ホームページ制作のアトラボ。SEO対策に配慮したスマホ対応のホームページで、集客できるWEB対策をご提案。WordPressを導入・カスタマイズし、更新しやすいホームページを作成します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする