アトラボブログ

千葉県のホームページ制作のATTLABOによるブログ。ホームページを作成しながら感じたこと・学んだこと。

Google翻訳のアプリが日本語にも対応♪ とりあえず「おもしろ」なレベルだけど。

   

SPONSORED LINK

スマホのカメラを英語にかざすとリアルタイムに翻訳してくれる!

パソコンでも性能がアップして、ますます重宝している「Google翻訳」アプリがAndroid/iOS版そろってアップデートして、英語・日本語間の翻訳にも新たに対応したそうです!

なんかおもしろーい!

今のところ、そんな感じのアプリですが、よーく考えてみると、結構使えるかも、これ。

SPONSORED LINK

 Googleは24日、Android/iOS版の「Google翻訳」アプリをアップデートした。外国語の文字にスマートフォンのカメラをかざすとリアルタイムに翻訳して表示する「リアルタイムカメラ翻訳」機能について、英語・日本語間の翻訳にも新たに対応した。

リアルタイムカメラ翻訳は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語の各言語間での翻訳機能として2015年1月より提供が開始された機能。アプリを起動後にカメラアイコンをタップし、翻訳したい文章にカメラを向けると、その文章が翻訳された文章に差し替わってリアルタイムに表示される。ただし、日本語のオフライン翻訳ファイルを事前にダウンロードしておく必要がある。

カメラアイコンをタップして表示される画面には、「ここにテキストを合わせます」と表示されるが、それ以外の場所に文章を合わせても瞬時に翻訳が表示される。前後の文脈などは考慮されないため、長文の翻訳には向いておらず、主に看板やメニューなど屋外で目にする短い文章の翻訳に適している。

(INTERNET Watchより)

日本でも、ここ最近インバウンド増加とかで、観光施設のサインや飲食店のメニューなど日本語・英語だけじゃなくて、中国語や韓国語、さらにタイ語ぐらいまで載せるところも結構増えてきてますよね。

 

だけど小さなショップや地方で、そこまで対応するのはちょっと難しい。

そもそも、どの言語まで対応すればいいんだー?このお客さんの読める言語はどれー?って話しが通じないんだから、この視覚版「ほんにゃくこんにゃく」が使えるようになると、言語のバリアフリーにつながりますよね!

いろいろ物議を醸して、今は発売していない「Google Glass」とかにこんな機能がついちゃうと、「あのころの未来」感のある話ですよねー。

 

ATTLABO

 - Android, Google, iPhone, Smartphone, Web