ExcelやWordのバージョン確認を。Office2010など多くのMicrosoft製品が本日10月13日でサポート終了予定。

リモートワークでもオフィスでもMicrosoftのOfficeに含まれるWordやExcel、Powerpointなどを利用しない日はない…って方多いのではないでしょうか?

ブラウザやメールソフトに比べると…という気もしますがサポート終了のお知らせです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




OSがWindows7だったパソコンはご確認を

Office 2010 のサポートは 2020 年 10 月 13 日に終了 し、拡張機能および拡張セキュリティ更新プログラムはありません。 すべての Office 2010 アプリは引き続き動作します。 ただし、深刻な問題を引き起こす可能性のあるセキュリティ リスクにさらされる可能性があります。

更新プログラムが10月13日(日本は日本時間)以降なくなるので、リスクにさらされます。

アップデートをしてくださいねー、という内容です。

世代的に

「Windows7のときに買ったけど、無料のうちにWindows10に切り替えてそのまま使ってるよー」

なWindowsパソコンをご利用の方はOfficeの各ソフトを起動させるとき「2010」の文字があるかどうか確認を。。

合わせて多数のソフトがサポート終了…

  • Access 2010
  • Dynamics GP 2010
  • Excel 2010
  • Excel Mobile 2010
  • Exchange Server 2010 (全エディション)
  • FAST Search Server 2010 (全エディション)
  • Groove Server 2010
  • Office 2010 (全エディション)
  • OneNote 2010
  • PowerPoint 2010
  • Project 2010
  • Publisher 2010
  • Search Server 2010
  • System Center Data Protection Manager 2010
  • System Center Essentials 2010
  • Visio 2010 (全エディション)
  • Word 2010
  • Office 2016 for Mac (全エディション)
  • Excel 2016 for Mac
  • Outlook 2016 for Mac
  • PowerPoint 2016 for Mac
  • Word 2016 for Mac
  • Windows 10 version 1709
  • Windows Embedded Standard 7

Mac用の「Office 2016 for Mac」も合わせて、って感じみたいですね…。

まとめ:セキュリティ問題は忘れたころにやってくる…

サポート終了直後は「更新プログラムを受けた直後」ですから、問題が起こることが少ないですけど、こんなニュースを忘れたころにセキュリティリスクが高まりますよね。。

特にハッカーたちは「使っている人が多いもの」を狙うほうが「困る人が多い→うれしい」という輩たちなので、Microsoft系はサポートのあるものに更新しておきましょー。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ