アトラボブログ

千葉県のホームページ制作のATTLABOによるブログ。ホームページを作成しながら感じたこと・学んだこと。

学ぶ・鍛える・考える。「時間がない」からこそ、毎日のルーティンにする。

   

SPONSORED LINK

時間は有限ですが、誰にでも必ず1日に24時間が与えられています。

いろいろな仕事や、家族や知人からの依頼が重なっていくと、勉強したり体を鍛えたり、あるいはじっくり考えたり、と言った「自分のための時間」というのはなかなか確保しづらいものです。

けれど、もっと大きな仕事や組織を動かす経営者や、人格から尊敬できるような雲の上の人って、もっとシビアなタイムスケジュールなはず。。。

まだまだ、ではあるけれども、「これは自分のための長期的な投資だ」と捉えているべき事象のための時間を確保するべく、最近意識してること、まとめてみました。

SPONSORED LINK

大事と思っていることほど、「週末にまとめてドーン」は効かない

「自分のための時間」、うーんいい響きではありますが、それは人それぞれ異なるのではないでしょうか?

季節的には年末年始のおつきあいで急増した体重を減らしたい、というダイエットのためのジョギングの時間かもしれませんし、過酷な労働から解放される家族との暖かなひとときかもしれません。

 

だけど、ジョギングも1日にまとめて走るより、ある程度の距離を毎日コンスタントに走ったほうがカラダへの負担も少ないですし、なにより習慣化します。

週末だけ家族と過ごす、もいいのですが、急にその休日に他の用事が入ってしまって、まったく時間がとれないなんてことも。

 

「まとめてドーンと」って、それはそれでできればいいけど、「大事なことほど、毎日ちょっとずつ」のほうがリスクも少なく、効率がよかったりしませんか?

それに「ちょっとずつ」だから相手のいるスケジュールが突然入ってきても、それを理由に異なるリスクがなく、結果として両方成り立たせることができるのでは?

 

私も、今年はルーティンを自らにいろいろ課していますよー。

 

 「何のために?」をいつでも思い出せるような仕掛けを作る

それでも予定が詰まってくると「お客様のためだから」「誰かを待たせてはいけない」という、確かに正論なもうひとりの自分が「習慣になりかけたことを阻害」しようとします。

そんな方は、例えば読書だったり、経営について考える時間の確保だったり、「どうしてこのタスクを習慣づけようとしたのか?」をいつでも確認できるようにしておきましょう。

私は、正月に書き留めた「今年やってみたいこと100」的なリストをメモ帳として使っているEvernoteというアプリに書き留めていて、それを時折スマホで見ています。

あー、こんな目標立てたから、今この習慣を身につけようとしてるんだ」ということを、何気なくチェックすると、意外と力が抜けかけた姿勢をシャキーンと戻すような効果あり、です。

 

 ブログを書き続けるのも、多分同じことだと思う

2017年がスタートして「今年こそ毎日更新」みたいな方も多いと思いますが、くじけそうなときは「どうして書き続けたほうがいいと思ったのか?」を再確認したり、時折考え直したりして、習慣化していけるとイイと思います。

そういいながら、私はすでに2017年、ブログを毎日書けていないですけどね・・・。

毎日の習慣をいろいろ増やしていくと、時間は有限ですから、「できないこと」も増えてきます。

習慣の棚卸し」っていうと変な言葉なのかもしれませんが、「かかる時間を短縮できる習慣はないか?」とか「これは毎日するべき習慣か?」とか見直してもいいかもしれませんね。

 

まだまだ2017年のスタート切ったばかりですが、私も、そろそろ各分野のルーティンを見直してみたいと思います。

ATTLABO

 - Blog, Chiba, Web, ブログの続け方