アトラボブログ

千葉県のホームページ制作のATTLABOによるブログ。ホームページを作成しながら感じたこと・学んだこと。

クリエイター、じゃなくてもこれなら作れる!?LINEクリエイターズスタンプが8個から販売可能に!

   

SPONSORED LINK

lcm

メッセージのやりとりってLINEを使うことが相変わらず多いですが、スタンプをお金出して買う人と、まったく買わない人ってハッキリと分かれてきた感じが私の周りにはありますねー。

そんな、LINEスタンプにおいてオリジナルを作れる「LINE Creators Market」のガイドライン、久々に見てみると「スタンプの数は40個」だったのが「8個からオッケー」になっていたのでご紹介!

SPONSORED LINK

LINEクリエイターズスタンプが8個から申請可能になりました!

lcm2

8個から16個・24個・32個・40個と、画像数を選べるようになったんですねー!

つまりメインとトークルームタブの画像を足しても10個あれば、LINEスタンプとして申請可能ってことですね!

しかも写真を使ったスタンプも解禁!イラスト書けなくてもスマホのアプリでできちゃうかも?

1)1セット8個から販売が可能に

 これまでスタンプの販売は1セットあたり40個の制作が必要というハードルが高いものでしたが、本日より最低8個から販売が可能になりました。(「静止画スタンプ」は8,16,24,36,40個から選択、「動くスタンプ」は8,16,24個から選択が可能)これにより、スタンプ制作における時間が約80%軽減し(40個から8個)、お子さんや、絵を描くのが得意でない方でも、より簡単・手軽にスタンプ制作をお楽しみいただけるようになりました。
*:すでに審査中や販売中のスタンプの個数は変更できません。

2)写真スタンプの制作・販売が可能に

 従来、写真を使用したスタンプの販売はスタンプ審査ガイドラインにおいて禁止しておりましたが、審査体制の拡充により、ガイドラインの改訂を行い、自身の写真はもちろん、親しい友人・家族や、動物や風景の写真を用いたスタンプを制作・販売することが可能となりました*。例えば、大切な友人の結婚式や誕生日のお祝いとして、友人の写真入りオリジナルスタンプを作成し、プレゼント機能を使って贈るなど、これまで以上に様々なシーンでスタンプを活用することができます。

なお、スタンプの販売価格は従来通り1セット120円から設定することができ、売上総額よりApp Store/Google Playなどの手数料(30%)を除いた50%(売上総額の35%)がクリエイターへの収益分配額となります*。

(Gpara.comより)

写真を使えるなら結構簡単に作れるんじゃないでしょうか?人物だと審査基準とかは厳しいんでしょうけど。

 

いずれにしても、5分の1の数量で値段据え置き…なら儲かっちゃう!?とか一瞬思いながらも実際にはLINE Creators Storeを見るとスタンプの数って今見ただけでも数十万種類あるんで、売れるかも?っていうよりは仲間同士で共有したりとか、わかるひとにはわかる系のスタンプが増えていくのかな・・・。
ご興味ある方はコチラからガイドライン、チェックしてみてくださいね―!

 

久々のLINEクリエイターズマーケットネタなので、弊社で作ったスタンプと、所属する九十九里町商工会青年部のスタンプもご紹介しときまーす!

 

 

 

 

 

 

 

ATTLABO

 - Android, iPhone, LINE, Smartphone, Web